2006年05月06日

(08話)第1章・その8

 しばらくして舞台が明るくなると、そこには誰もいなかった。
「お客様に田中礼子からお礼を申し上げたいそうです」
 ドアが開くと女がよろよろと入ってきた。鞭で打たれていた女だった。まだ裸のままだ。近くで見ると鞭の痕がより痛々しく見えた。
「あ、ありがとう、はあ、はあ、ご、ございます」
 女は途切れ途切れに礼を言った。顔だけは拭いてもらったようだ。きれいな顔立ちをしていた。しかし幼い。
「あ、あ、りがとう、はあ、はあ」
 息が続かないようだった。裸の胸と腹が大きく波打っている。女は小柄だった。
「田中礼子はお礼に自分の体を好きにして欲しいとのことです。お客様、どうされますか?」
「えっ?」
 今にも倒れそうな女を抱く気にはなれなかった。治療が必要だ。
「いや、遠慮しておく。それよりも医者にみせた方が良い」
「むろん医者にはみせます」
 女は泣きそうな顔になっていた。私の方に進み出た。
「お願いします、はあ、私を、はあ、抱いてください、お、お願い」
「こいつ、なれなれしいぞ」
 女について入って来た男が、女の髪をつかんで引き離した。
「ひい」
 女はよろけて倒れかけた。
「おい乱暴をするな」
 私は男の腕を握った。
「お客様、申し訳ありません」
 別の男が割って入った。ここの支配人らしき男だ。私は手を放した。
「しかしながら、女の扱いは私どもの仕事、口出しは無用とお心得ください」
「わ、わかった」
 女は壁に手をついて体を支えながら立ち上がった。
「抱いて、お願い」
 女は向きを変えて、ふらふらとよろけながら部屋を出て行った。いっしょに入ってきた男達も出て行く。
posted by AWAWA at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 拷問室の妖精

(07話)第1章・その7

「お客様、何と?」
「俺が250万払うから、あれを終わらせて欲しいんだ」
「なるほど、お客様が鞭打ち50回分をお買い上げになるということですか」
「そうとってもらっても良い」
 男は「失礼」と言うと携帯で連絡を取り始めた。その携帯の中に使われているチップのひとつは、私が開発したものだ。
「鞭打ちはあと61回残っております。そうすると305万のお買い上げとなりますが、構いませんか」
 私は頷いた。しかし舞台上では40回目の鞭が振り下ろされた。
「おや300万円となりましたな。では次回に現金でお持ちください」
 男が携帯に何か言うと、下の舞台の照明が暗くなった。「都合により中止いたいます」と女の声が聞こえる。
 私は椅子に座り込んだ。双眼鏡を持つ手に汗がにじんでいるのに気がついた。
posted by AWAWA at 02:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 拷問室の妖精

2006年02月13日

(06話)第1章・その6

 鞭が空中を飛んだ。
「ぎゃあっ」
 女の体が「く」の字に曲がる。
「あの鞭はサーカスで猛獣を操るときに使うものでございます。生身のからだで受けるのは痛うございましょうな」
 しかし男の声には楽しんでいる風があった。
「上京しましたのは映画のオーディションに最終まで残ったからだそうで、ひょっとすると今頃は銀幕でお目にかかっていたかもしれません。ですがそれもかなわぬ夢で終わりそうです」
 私は双眼鏡をもう一度のぞいた。女の顔がアップになる。涙と鼻水で顔はぐちゃぐちゃだ。
 レンズを下に向けると、汗でてらてらしている体が見える。脇腹に赤い筋が何本も見える。動いているのは、呼吸とともに上下しているからだろう。
 酷いありさまだった。
 これは無理だ。私は思わず言った。
「たとえば、俺が250万出せば鞭は終わりにしてもらえるか?」
「は?」
 男は理解不可能な言葉を聞いたような顔をした。
posted by AWAWA at 23:35| Comment(3) | TrackBack(0) | 拷問室の妖精

2006年02月12日

(05話)第1章・その5

「ひいいっ」
 女の悲鳴が聞こえて、視野から女の顔が消えた。私は双眼鏡を外した。また鞭が打たれたようだ。
「若いな」
「19歳です。父親は九州で服飾関係の会社をやっておりまして、本人は女優になるつもりで上京したそうです」
 女の悲鳴がした。私は舞台に目を向けた。女がくるりと回転していた。鞭が巻きついている。
「しかし父親の会社が傾きまして多額の負債をかかえることになりましたので、ああしておるのです」
「鞭で打たれると金になるのかい?」
「左様で。今夜100回の鞭打ちで500万円があの女のものとなります」
「100回……」
 私は舞台の上の女を見た。両手を吊り上げれているから立っているようなもので、立っているのもやっとだろう。
「あと何回くらいだ?」
「始まって半時間ほどですから、まだ半分も」
「そりゃ耐えられないぞ、あれでは」
「その時は仕方がございません」
 私は「耐えられなかったときは逆に借金が増える」という話を思い出した。
posted by AWAWA at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 拷問室の妖精

2006年02月05日

電気特訓ゲーム再制作(7)再

6人目のメンバーの高電圧の通電場面ができました。首を動かす動作も追加しました。Flashは面白いです。

awag2010_06b.JPG続きを読む
posted by AWAWA at 14:53| Comment(3) | TrackBack(0) | 苦痛訓練所

2006年01月30日

電気特訓ゲーム再制作(7)

6人目のメンバーを制作中です。低電圧の通電場面ができたので公開します。新人と2人で並べてみました。

続きを読む
posted by AWAWA at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 苦痛訓練所

2006年01月28日

(04話)第1章・その4

 男が案内したのは1畳ほどの小さな部屋だった。奥の壁に窓がある。
「ちょうど2人目のショウをやっておりますところです。しばらくお楽しみください」
 窓から見ると下に舞台のような場所があり、裸の女が鞭打たれていた。照明は明るく下の様子はよく見えた。
 マスクをかぶった男が、長い鞭を振り回している。ひゅうひゅうと金属線を回しているような音がする。
 少し離れて女が両手を吊り上げられて立っていた。何も着ていない。丸裸だ。赤い筋のようなものが見える。ひょっとすると鞭痕だろうか。
 男が腕の角度を変えた。空中を回っていた鞭が、女の身体をめがけて振り下ろされた。
「ひいいいい」
 女が悲鳴を上げた。鞭が腹に当たり、背中を半周して巻きつく。女は身体を「く」の字に曲げた。
「よろしければ双眼鏡もございます」
 男が差し出す双眼鏡を私は目に当てた。女の顔を見る。泣き濡れた顔だった。口をあけて大きく息をしている。
「きれいな女だな」
 私は思わず言った。
posted by AWAWA at 05:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 拷問室の妖精

AWAWA地下室とは

成人女性に肉体的苦痛を与える加虐嗜好の妄想のページです。
妄想をテーマに白黒の絵と小説、GIFアニメ、ゲームを制作しています。

  • 妄想の対象とするのは、成人女性(主として20代前半の女性)です。
    幼女、少女は対象としません。
  • 妄想の内容は、女性の肉体に物理的な方法で苦痛を与える責めを主とします。
    精神的な責めは扱いません。
    また、女性を調教することを目的とした責めも扱いません。



以下の画像・物語等はありません
  • 幼女・ロリータ
  • 強姦・レイプ (2004/1/18)
  • 両性具有・ふたなり
  • アニメーションのキャラクターもの
  • 調教・メス奴隷
  • 内臓・四肢切断・死体
 
posted by AWAWA at 05:01| Comment(0) | TrackBack(0) | AWAWA地下室とは

2006年01月27日

(03話)第1章・その3

「拷問?」
 生活の中で聞くことの少ない言葉だ。
「そう、訳ありの女達を責めて口を割らせるんです」
「なんだ、つまりゲームみたいなものか」
「まあゲームです。ただ命がけのゲームでして、口を割った女はさよならなんですよ」
 男の話では、拷問に耐えることができたら500万円をもらえる。しかし、耐えれなかったときは1000万円の借金が増えるのだという。
「額が公平じゃないね」
「そこは訳有りな女なんで文句は言えないんですね」
 借金が増えすぎると保険をかけて殺されるのだという。
「あくまで噂ですよ、噂」
「ふーん、面白そうだ、紹介してくれよ」
 私は男の話など信用してはいなかった。暇つぶしだった。
 それから数週間、数人の男を介して、ようやく私は秘密クラブの建物に招かれたのだった。
posted by AWAWA at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 拷問室の妖精

2006年01月26日

(02話)第1章・その2

 1999年の後半からネット関連の会社の株が異常な値上がりを見せた。いわゆるITバブルだ。
 その1年前に、私はベンチャー企業を立ち上げたばかりだった。どんぴしゃのタイミングだった。会社の株は半年で20倍も値を上げた。会社の株を持っていた社員達はみな億万長者となった。
 私も株の資産が5億円を超えた。また銀行から融資の話が連日申し込まれた。金の使い道に困る日々だった。
 ちょうどその頃、毎月の会費が500万円という秘密クラブの話を聞いたのだった。
 その情報を教えてくれたのは危ない仕事をしているという男だった。
「普通のクラブではありませんよ。一言でいえば」
 男は一息ついた。
「なんだい、もったいぶるなよ」
「すみません。一言で言えば、拷問です。拷問クラブです」
posted by AWAWA at 00:34| Comment(0) | TrackBack(1) | 拷問室の妖精