2007年08月31日

「拷問室の妖精」蔵出しは終了です

唐突ですが「拷問室の妖精」はここで終了となります。

この作品は数年前にAWAWA地下室の携帯サイトに連載したものを、ブログに再掲載したものです。元の作品も未完でしたので、ブログでの掲載も未完で終了となります。お楽しみいただいていた方には申し訳ないです。

この先の展開としては、
*遥が拷問される理由
*遥の持つ「苦痛転移」能力
*その能力を利用したさらに過酷な責め
*そして遥を逃がそうとする主人公
などを考えていましたが、時間が空いてしまうと書き続けるのは難しそうです。


posted by AWAWA at 08:37| Comment(6) | TrackBack(0) | 拷問室の妖精
この記事へのコメント
お察しいたします。
私も中途の物を多数抱えております。
一定のモチベーションのまま書き続けるのは難しいですよね。
私だったら遥がその能力を買われて実験台になるなんていう風に行くのかな?
Posted by god at 2007年09月03日 16:39
godさん、
コメントをありがとうございます。
未完の作品ばかり増えていくので、自己嫌悪することもありましたが、まあ、あまり気にせず行こうと思います。
遥を実験台にするというのは面白そうですね。
Posted by AWAWA at 2007年09月11日 01:28
Posted by godさん、 at 2008年07月26日 16:00
続きがとても見たかったです・・・

お願いできませんか??
Posted by ippei at 2008年12月24日 21:48
・・・恐ろしいですね。
見るべきではなかった気がします。
・・・・・・あなたがあの絵をすべて書いたんですか?
・・・・はっきり言って悪寒を感じました。
あなたはそれを書いて人を楽しめられるとでも・・・?
あなたのせいで友達がトラウマを持ってしまいました・・・。
今すぐこういうブログはやめていただけませんか・・・?
Posted by .・・・。 at 2010年05月03日 16:37
私も.•••。さんに同意です。

確かに楽しめる方もいらっしゃるかとは思います。

ですが、コレは必ず先にグロいとか必ず書くべきかと思います。

失礼ですが、これはやめたほうが良いと思います。

でしゃばってすみません。

ですが、もう少し改善していただけると良いです。
Posted by 葵 at 2011年10月16日 20:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5269399
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック