2007年07月03日

「拷問室の妖精」第2章・その7

 女は片足を吊り上げられ、もう一方の足には鉄球を付けられ、両足を大きく開いた状態で揺れていた。
 まさに股裂きだ。
 4つの鉄球は足首にぶら下がったまま、床から30センチのところで回っている。
「うっ、う」
 女が苦しそうに上半身を曲げ伸ばしすると、鉄球はかすかに揺れる。しかし大きくは動かない。かなりの重量なのだろう。
「ひっ、ひい」
 女が騒ぎ始めた。マスクの男が鞭を持っていた。前の女のときは3メートルもあるような長い鞭だったが、今度のは1メートルの短い鞭だ。
 男が鞭を軽く振ると、鞭の先がきらきらと輝いた。金属片を埋め込んであるのだろうか。
 男は鞭を振り下ろした。大きく開いた女の股間にそれは直撃した。まるで金属線が共鳴するような音がした。嫌な音だった。
「ぎいいっ」
 女は悲鳴をあげた。上半身がのけぞった。男がもう一度鞭で打つ。金属音が響く。
「ぎやっう」
 女の体が上下した。鉄球が揺れを大きくした。
posted by AWAWA at 07:16| Comment(3) | TrackBack(0) | 拷問室の妖精
この記事へのコメント
拷問室の妖精復活に感謝です。徹底的にやっちゃってください。原作者より(笑)

Posted by まさ at 2007年07月03日 08:53
まささん
どうもお久しぶりです。蔵出しということで、過去に制作した小説を公開しています。
Posted by AWAWA at 2007年07月04日 08:13
ぜひやってみたい責めですね。拷問官に生まれていれば、美女を裸にしてこうやって責めることができたのでしょうか・・
Posted by thunder at 2011年11月29日 00:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4215840

この記事へのトラックバック