2006年01月26日

(02話)第1章・その2

 1999年の後半からネット関連の会社の株が異常な値上がりを見せた。いわゆるITバブルだ。
 その1年前に、私はベンチャー企業を立ち上げたばかりだった。どんぴしゃのタイミングだった。会社の株は半年で20倍も値を上げた。会社の株を持っていた社員達はみな億万長者となった。
 私も株の資産が5億円を超えた。また銀行から融資の話が連日申し込まれた。金の使い道に困る日々だった。
 ちょうどその頃、毎月の会費が500万円という秘密クラブの話を聞いたのだった。
 その情報を教えてくれたのは危ない仕事をしているという男だった。
「普通のクラブではありませんよ。一言でいえば」
 男は一息ついた。
「なんだい、もったいぶるなよ」
「すみません。一言で言えば、拷問です。拷問クラブです」
posted by AWAWA at 00:34| Comment(0) | TrackBack(1) | 拷問室の妖精
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4215822

この記事へのトラックバック

sm
Excerpt: sm
Weblog: sm
Tracked: 2006-04-01 20:03