2006年01月02日

生贄の森(あらすじ)

「生贄」として選ばれ肉体の限界まで責められ続ける3人の女たちの物語

莫大な報酬と引き換えに山奥の山荘に集められたゆかり達は、肉体の限界まで責められることを宣告される。
黒装束の男達による責めが始まり、鞭うち、搾乳、角材挿入としだいに烈しさを増して行く。仲間の1人・弥生の母親も 20 年前に同じように山荘に連れて行かれ、1年後に帰ってきたときは子宮を失っていたという。



登場人物

柚子原 ゆかり (ゆずはらゆかり) …… 20才。小柄。
椰子浜 弥生 (やしはまやよい) …… 20才。小柄。 母親も20年前に「生贄」に選ばれた。
葦野 芳枝 (よしのよしえ) …… 20才。大柄。


クリスマスカテゴリへ
posted by AWAWA at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4215802

この記事へのトラックバック