2003年01月26日

(08画)腹殴り

腹を殴られる女


画像

awa201.gif

解説

「折檻倉」から5年後、中学時代の同級生・式部四郎と再会した三郎は、2人で女性を拉致して暴行・強姦することを始める。夏のある日、三郎と四郎は女子大生2人を連れて日本海近くのバンガローへ出かける。そこで3日3晩の虐待と暴行を繰り広げるつもりなのだ。

画像は、三郎が女子大生の腹を殴って楽しんでいる場面。バンガローに行く前に寄った海岸で、三郎は女子大生の一人・奈良鳴子をいたぶる。空には入道雲が浮かんでいる夏の昼下がりである。責めは「腹踏み」に続いていく。

Flashで絵を描いてみました。線がきれいに描けるのは嬉しいのですが、情感がこもっていないように見えてしまうのは今後の課題です。


画像情報

*人物 :奈良鳴子、三郎
*責め具:手
*部位 :腹 (打撃・鞭)
*姿勢 :両腕上方
*登録日:2003/01/26
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4215755

この記事へのトラックバック