2002年02月24日

破胎の章(05画)対面

「やぶ様」に襲いかかられる柚子原ゆかり


画像

awa124.gif

解説

莫大な報酬と引き換えに山奥の建物に集められたゆかり達は、肉体の限界まで責められる日々の中で不死身水とよばれる不思議な薬の服用により再生能力を身につけていく。それは「ごごう様」の息子たちへの嫁入り準備なのだという。やがて、ゆかりは息子の一人である「やぶ様」に嫁入りする。
画像は、柚子原ゆかりが「やぶ様」に襲われている場面。ぼろぼろの布から現れたのは人ではなく、巨大な虫を思わせる化け物だった。虫の体の中央に人の腕に似た器官が埋まっていて、まるで人と虫との「あいのこ」である。ゆかりはあまりの驚きに悲鳴をあげることすらできない。

画像情報

*人物 :柚子原ゆかり
*責め具:異生物、縄
*部位 :乳房 (圧縮・押潰)、全身 (その他)
*姿勢 :四肢拘束
*登録日:2002/02/24
posted by AWAWA at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 生贄の森
この記事へのコメント
とってもすごいっす
Posted by oo at 2006年01月14日 11:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4215730

この記事へのトラックバック