1999年09月19日

青山貴子のカルテ(06画)診察・6

「気の通りが良くないようですな」と診断される貴子


画像

awa116.gif

解説

粟屋市精神力治療院では、ドイツの科学者・ゲルン博士の「気の理論」に基づいて治療が行なわれる。「気の理論」は、大地からの清浄な気は股間から体に入り乳房から外へ抜けていく、この流れが滞ると病気になると説く。治療院での「診察」が、乳房や股間の「気」の様子を調べることから始まるのは、そのためである。画像は、青山貴子が「診察」を受けている場面。乳房を握っているのが院長、股間を指で広げているのは院長の孫である。孫は貴子の股間に指を2本挿入し、院長は乳房の反応を観察している。診察の結果、貴子は股間から乳房へ抜ける気の通りが良くないと診断され、次回から「治療」を受けることになる。


画像情報

*人物 :青山貴子
*責め具:手
*部位 :股間 (拡張・引伸)
*姿勢 :両腕上方
*登録日:1999/09/19
posted by AWAWA at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 変態治療院
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4215398

この記事へのトラックバック