1999年07月18日

苦虐の章(01画)鞭連打・1

左右から鞭で連打される柚子原ゆかり


画像

awa108.gif

解説

構想中の物語の一場面。粟屋事務販売に勤める柚子原(ゆずはら)ゆかりは、本社への出向を命じられる。ゆかりは「生贄」として選ばれたのだった。粟屋市の山奥にある建物に集められたゆかり達は、これから1年間、毎日、肉体の限界まで責められることを宣告される。画像は、ゆかりが両手を縛られ左右に立つ男達に鞭で間断なく打たれる場面。乳房を打ちやすいように身体を反らすように命じられており、健気に実行している。

画像情報

*人物 :柚子原ゆかり
*責め具:鞭
*部位 :乳房 (打撃・鞭)
*姿勢 :両腕上方
*登録日:1999/07/18
posted by AWAWA at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 生贄の森
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4215387

この記事へのトラックバック