2007年07月01日

「拷問室の妖精」第2章・その6

 男がロープを緩めると女の足がそろい、男がロープを引くと女の足が開く。
 男は何度かそれを繰り返していた。楽しんでいる風だった。時々、足を開かせて、女の股間に指を入れこねくり回したりした。
「う、うう」
 女はその度に低くうめいていた。
 やがて男はロープを思い切り引いた。
「ひいい」
 女の足が大きく開いた。男は床から黒いボールを拾い上げた。重そうに見える。私は双眼鏡を目に当てた。金属の光沢が表面に見えた。
「鉄球か?」
 鉄球の上部にはカギの手が付いていた。そのカギの手を、男は女の足首に巻いたロープにくわえさせた。女の足が自然と降りていく。
 床には黒い球体はいくつも転がっていた。男はひとつずつ拾うと、女の足首にぶら下げていった。
 男が4つめの鉄球をつけたとき、女の足は完全に降り切った。
posted by AWAWA at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 拷問室の妖精

2007年07月03日

「拷問室の妖精」第2章・その7

 女は片足を吊り上げられ、もう一方の足には鉄球を付けられ、両足を大きく開いた状態で揺れていた。
 まさに股裂きだ。
 4つの鉄球は足首にぶら下がったまま、床から30センチのところで回っている。
「うっ、う」
 女が苦しそうに上半身を曲げ伸ばしすると、鉄球はかすかに揺れる。しかし大きくは動かない。かなりの重量なのだろう。
「ひっ、ひい」
 女が騒ぎ始めた。マスクの男が鞭を持っていた。前の女のときは3メートルもあるような長い鞭だったが、今度のは1メートルの短い鞭だ。
 男が鞭を軽く振ると、鞭の先がきらきらと輝いた。金属片を埋め込んであるのだろうか。
 男は鞭を振り下ろした。大きく開いた女の股間にそれは直撃した。まるで金属線が共鳴するような音がした。嫌な音だった。
「ぎいいっ」
 女は悲鳴をあげた。上半身がのけぞった。男がもう一度鞭で打つ。金属音が響く。
「ぎやっう」
 女の体が上下した。鉄球が揺れを大きくした。
posted by AWAWA at 07:16| Comment(3) | TrackBack(0) | 拷問室の妖精

2007年07月04日

「拷問室の妖精」第2章・その8

 女は両手を股間に伸ばした。鞭の痛みにたまらず無意識に手で隠したのだろう。男は鞭の角度を変えた。鞭は女の顔を打った。
「がっ」
 女の上半身がはげしく震えた。女が手で顔をおおう。マスクの男が女に顔を近づけた。何か言っているようだ。
 やがて男は股間を鞭で打ち始めた。いやな金属音と女の悲鳴が続いた。
 股間はみるみる赤く腫れあがった。一筋二筋と赤いものが足を伝って流れ落ちた。血だ。鞭が当たるたびにそこを中心として赤い霧が湧き上がった。あれが血煙というものなのだろうか。
 再びマスクの男が顔を近づけた。女は首を横に振る。男は鞭を振り上げた。
「ぎゃああああ」
「ぎいい」
 女の悲鳴が響いた。
posted by AWAWA at 08:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 拷問室の妖精

2007年07月06日

「拷問室の妖精」第2章・その9

 下の舞台では凄惨な責めが続いていた。
「簡単には口をわりませんな」
 隣で愉快そうに男が言う。
「口を割るって、何を隠しているんだ、あの女は?重大な秘密なのか」
「まさか、ゲームでございます。今日のデザートに出るくだものでしたか。パパイヤ、マンゴ、あるいはリンゴかもしれません」
「くだもの?」
「あの女には今夜のデザートに使うくだものが何かを教えてあります。それがお客様に出されるまで口を割らなければ良し、口を割れば負けでございます」
「そんな」
 そんな馬鹿げたことで、あの「拷問」を受けているのか。私は下の舞台で続いている「拷問」に目を向けた。女は鞭で打たれるたびに上半身を波打ちさせて痛みにもだえていた。鞭で打たれた股間は血まみれだった。
「ひいいい」
 女の動きが止まった。静かになった。
posted by AWAWA at 08:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 拷問室の妖精

2007年07月07日

「拷問室の妖精」第2章・その10

 女は気絶したようだった。片足をつられたまま身動きしない。両腕を下にだらりと下げて、ゆっくりと揺れている。
 双眼鏡でのぞくと股間の肌は破れ、赤い肉と、ところどころに白いものが見えていた。普通の状態ではない。
 マスク男が側に立ち、いかにも満足という感じで女の足をなでている。
 やがて男は何か合図をした。女がゆっくりと上がり始めた。片足を吊っている縄を巻き上げているようだ。見上げると縄は窓からは見えない部分へ吸い込まれていた。
(拷問はまだ続くのか)
 女は1メートルほど上がったところで止まった。
 男が鞭で股間を連打した。血しぶきが飛んだ。女は突然目を覚まして悲鳴をあげた。
「っひいいっいいい」
「ぎいい」
 上半身が大きく動く。苦痛に歪んだ顔だ。さっきより大きくはっきりと見える。
posted by AWAWA at 08:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 拷問室の妖精

2007年07月24日

「拷問室の妖精」第2章・その11

 マスクの男が手招きのような身振りをした。
 舞台の外から3人の男たちが大きな台を押して現れた。ゆっくりと運んでいく。吊られた女の真下まで来たところで、マスク男が手振りで止めた。
 台の上面は黒く、油がひいてあるようにてらてらして見える。女が身もだえを始めた。
「なんだ?」
 空気が歪んで見えた。
「あつ、あついっ」
 女が叫んだ。
「ひいい、あついっ」
 マスク男がバケツの水を鉄板の上にぶちまけた。とたんに白い煙が噴き出した。水蒸気だ。窓の外は水蒸気におおわれて何も見えなくなった。
「あれは、あの鉄板は……」
「焼けております」
 私は恐ろしい考えに震えた。
「まさかあの上に落とすのか?」
「左様で。大変危険ですので、足だけでございますが」
posted by AWAWA at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 拷問室の妖精

2007年07月26日

「拷問室の妖精」第2章・その12

 窓の外はまだ水蒸気がもうもうとしている。
「や……」
 やめろと言いかけたときに、脇の机に載っているモニタに「OPEN」という単語が表示された。
「始まりましたな」
 私はモニタを見た。「OPEN」の下に「0/3000」という数字も表示された。
「何がはじまった?」
「寄付でございます」
「寄付?」
「このたびの拷問は大変危険でございます。私どももある程度の保険をかけておかねばなりません。そこで観客の皆様に寄付をお願いしております」
「つまり金か」
「ありていに申せば金でございます。このたびは3000万円ほど必要ということで」
 モニタの数字は「900/3000」と変わっていた。
「すでに900ほど集まりましたな」
posted by AWAWA at 09:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 拷問室の妖精